バッテラのハローワールド研究室

エンジニア、プログラミングに関する情報を掲載中!

【PremierePro】マスタースタイルを運用する

はじめに

こんにちは、バッテラです。

マスタースタイルを作ったはいいけど他のプロジェクトで使いまわしてナンボでしょ?と思ったので、 今回はマスタースタイルの運用する方法についての自分なりの見解です。

環境

  • MacOS Monterey (12.1)
  • Adobe Premiere Pro (v22.1.2)

マスタースタイルのおさらい

マスタースタイルというのは、エッセンシャルグラフィックスのテキストの設定データのことです

シェイプや画像に使えないです。

設定データの範囲についてですが、以下図の通りです。

座標や回転などはスタイルに含まれないので注意が必要ですね。

マスタースタイルを新規作成

「スタイルを作成」とすると、現在の設定した情報を保存します。

プロジェクトツリーにスタイルが表示されます。

昔のバージョンではここまでしかできなかったようです。

他プロジェクトで使えるようにするには

エクスポートする

ここまででは、そのプロジェクトの中で使い回すはできました。

しかしレイヤースタイルを新規作成してもファイル化されていないため、他プロジェクトに持ってけません。

そこでエクスポートするというものを紹介します。

新規レイヤースタイルを右クリックして 「テキストスタイルを書き出し」とするとファイル化できます

レイヤースタイルをまとめるライブラリフォルダみたいなもんを1個作って起きてそこにまとめて保存するのが吉でしょう。

インポートする

次は他プロジェクトで取り込む方法です。

PremireProのプロジェクトファイルを開いている状態で ファイルをダブルクリックするとインポートできます。

もちろんファイルをドラッグ&ドロップしてプロジェクトにインポートさせることもできます。

おわりに

それでは、また。

読者登録・Twitterのフォローをしていただけると、ハッピーになります。