バッテラが如く

プログラミングしましょ!

【Flutter】VSCodeで自動コードフォーマットを解除する方法 (自動改行、コードスタイル)

今回は自動フォーマットを解除する方法について共有したいと思います。

※この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

  • MacOS Monterey (12.1) Flutter (v2.10.4) VSCode (v1.67.2)
  • コードフォーマットとは

    コードフォートマットとは括弧や保存といった特定のタイミングで、コードを短く整形することです。
    以下は例ですが、複数行に分けたコードが1行になっています。

    // 保存前
          appBar: AppBar(
            title: Text(widget.title)
          ),
    
    // 保存後
    appBar: AppBar(title: Text(widget.title)),
    


    Flutter環境構築段階では自動フォーマットが有効になっています

    自動コードフォーマットを解除するには

    無効にするには以下手順を行います。

    上部メニューの[Code] → 基本設定 → 設定で設定画面を開きます。
    Command + , でも可

    次は検索窓でFormatterと打ち込みEnterキー押下

    Dart Enable SDK Formatter のチェックを外します。

    これで自動フォーマットされなくなります。

    戻したいときはチェックを入れればOKです。