バッテラのハローワールド研究室

エンジニア、プログラミングに関する情報を掲載中!

【SwiftUI】アラートダイアログの基本的な使い方

SwiftUI

はじめに

今日はSwiftUIの勉強していきます。

今回はアラートダイアログの基本的な使い方について共有したいと思います。

環境

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

* MacOS Monterey (12.1)
* Xcode (13.3.1)

基本仕様

アラートダイアログは@StateのBool型変数が必要になります。

 @State private var isShowDialog: Bool = false

ボタンイベント等でアラートを表示する際に変数でtoggle()します

 Button {
    isShowAlert.toggle()
} label: {
    SomeView()
}

.alertモディファイアを使います。

.alert("タイトル", isPresented: $isShowAlert,
                actions: {
                    Button(・・・)
                    Button(・・・)
                   ~~~~~~~省略~~~~~~~~
                },
                message: {
                    Text("メッセージ")
                })

isShowAlertの先頭に$をつけることを忘れないようにしましょう。

Alertを使う方法もあります

.alertで完結しますが、Alertを使う方法でも同様に表示できます。

.alert(isPresented: $isShowAlert) {
      Alert(
          title: Text("タイトル"),
          message: Text("メッセージ"),
          primaryButton: .default(Text("OK"), action: {
              // OK押した時の処理を書く
          }),
          secondaryButton: .default(Text("Cancel"))
      )
}

おわりに

最後まで見ていただきヘペトナス!

読者登録・Twitterのフォローもお願いします。