PremiereProでモーションテンプレートグラフィックス(MTG)を出力する方法

Premiere Pro (v22.3.0)

今回はMTGに保存する事と読み込む方法について共有しようと思います。

モーションテンプレートグラフィックス(MTG)とは

モーションテンプレートグラフィックスというのは別プロジェクトで流用するためにビデオクリップをファイル化したものです。

名前が長いのでこの記事ではMTGと略して解説します。

出力できる条件

MTGはビデオクリップだけ保存できます。オーディオクリップはできません。

なので「映像+効果音」みたいなセットで保存ができません。

どうしても効果音込みにしたい場合はMTGではできないので、シーケンスを別プロジェクトから読み込む方法で対応してく形になります。

以下の記事で解説してみてるので良かったらみてください。

www.m2game.net

MTGを出力(保存)しよう

まずは保存のやり方です。

クリップを右クリック → モーショングラフィックステンプレートとして書き出し をします。

書き出しウィンドウが表示されます。

名前は自由につけてください。

重要なのが保存先です!

ローカルテンプレートフォルダーかCCライブラリのどちらかを選べます。

私はCCライブラリに保存してやってますね。

好きな方で保存してください。

MTGを読み込む

次は保存したMTGを使う手順です。

「エッセンシャルグラフィックス」パネルを開きます。
※無い場合は 「ウィンドウ」→「エッセンシャルグラフィックス」をクリックして表示できます

「参照」タブ → 「マイテンプレート」をクリックします。

  • ローカルテンプレートフォルダーにチェック → ローカルに保存されたものが表示
  • ライブラリにチェック → CCライブラリに保存されたものが表示

MTGのサムネイルをドラッグしてタイムラインにドロップします。

これで完成です。

MTGに含めた画像はどうなるのか?

読み込むするとプロジェクトにインポート(コピー)されるようになっています。

下記のように画像は「モーショングラフィックス」というフォルダに入っています。

なのでMTGに出力した後にその画像を消してしまっても問題ないのです。