バッテラが如く

いつもお世話になっております。

【PremierePro】画像に縁(ふち)をつける方法

この記事の情報は次のバージョンで動作確認しています。

  • MacOS Monterey (12.1)
  • Adobe Premiere Pro (v22.3.0)
  • PremierePro

    はじめに

    今回はこのように画像に縁(ふち)をつける方法について共有したいと思います。

    タイムラインに画像を配置

    画像ファイルをタイムラインパネルにドラッグ&ドロップします

    画像の幅と高さを調整していきます。

    エフェクトパネルで「塗りつぶし」を割り当て

    エフェクトパネルを開きます。

    「塗りつぶし」をクリップにドラッグ&ドロップします。

    ※検索窓で漢字で「塗りつぶし」と書かないと見つからないので注意

    「塗りつぶし」の項目を調整していく

    クリップを選択して「エフェクトコントール」パネルを開きましょう。

    これで枠線がつくようになりました。

    これで完成です。

    [おまけ]一部を切り取って枠線をつけたい場合

    下記図のように写真の一部を拡大した後に枠線をつけたい場合は「クロップ」で実現できます。

    一部を切り取りするには「クロップ」を使います。

    「エフェクト」パネルから「クロップ」をクリップにドラッグ&ドロップします。

    クロップは塗りつぶしの後になるように並び替えしましょう
    ※エフェクトはかかる順番で結果が変わるためです。

    クロップの左、上、右、下のパネメータを調整してもらって切り取り位置を調整します。

    これで完成です。小窓枠とかに使うのに良さそうですね。

    参考にしたサイト

    Premiere Pro 2020|動画や画像に簡単に外枠(淵)を付ける方法 - Peas Code